「なみへい」について

NAMIHEIとは

 なみへいは、「東京から故郷おこし」をコンセプトに地域活性化を目的に作ったご当地飲食店です。23人の出資者に温かいお金を出して頂き、 2008年7月、地方の農業・漁業に少しでも現金を! という小さな想いからスタートしました。

オープン当時は、リーダーの交流サロンとしてのコンセプトも入れていましたが、2011年からは、リーダーにこだわらず、「東京から故郷おこし」に集中して、全国うまいもの交流サロンとしてお客様に日本中のおいしいもの、珍しいもの、郷土料理をご紹介しています。

毎夜、日本中から頑張るキーマンたちが立ち寄ってくださり、いろいろな地域の人たちとの交流が生まれています。同郷者がいると名刺交換を勧め、また地域のサンプルを持ち込んでご当地自慢をしたい人にはPRの場を与え、様々な情報交換の場になっています。
東京在住の故郷出身者が故郷を想い、同郷の人とつながる場にしたい。故郷をもたない人にとっても、第2の故郷ができる出会いのきっかけにしたい。
調理も出来て、飲食も出来て、交流も出来て、地方の物販も出来る場に!

地方の人が求める機能を全部提供し、お役に立ちたい。お客様に喜んでもらいたい。

「なみへい」は、人と人がつながる、地方と都会がつながる、食材と食材がつながる、さまざまなものが「つながる場」として、皆様に愛される、温かい交流サロンの運営を目指しています。

………………………………………………………………………………………
※特産地域・特産品の選定についてはこちらです
http://www.namihei5963.com/namihei-board/list.cgi?cate=7&max=10&page=1&sheet=hpcate7&char=utf8 
………………………………………………………………………………………

収録動画のyoutubeアップ ↓  (2012年5月16日にレインボータウンFM79.2 でお話した様子です)

staff only

なぜこんなにコース料理が安いのですか? オーナーの想い

なみへいは、日本全国の地域を応援しています。
 わたしたちが首都圏で、いつでもどこでもおいしいものを食べられたり、便利な生活ができるのは 故郷や田舎があるおかげ。大切な故郷の、山の幸や海の幸を、なみへいではきちんと出汁をとり、すべて手作りで仕上げています。
 農家や漁師さんの苦労や喜びに想いを馳せ、おいしく楽しく、すべての人に感謝をこめて、 1人でも多くの人に、応援している地域の食材を食べさせたい、1人でも若い人に、ニッポンの和食の素晴らしさを伝えたいと、本気で願っています。
価格は、その想いを叶えるギリギリの意思表示です。

なみへいオーナー 川野 真理子


staff only

「なみへい」の名前の由来

 私達が子どもの頃に見ていた、サザエさんや波平父さんを代表する昭和の時代の優しさと素朴さを、もう一度取り戻したいという願いを込めて命名しました。 スピードを優先することなく、効率や能力だけを求める価値でもなく、人が人として、普通の優しさや思いやりや受容をもって、大事にしてつながって行きたいと思っています。
人の人生は、波あり谷あり平坦もあり。 その中で、みんな頑張り続けている。いろいろなことはあるけれど、良いときも大変なときも、優しく微笑みながら黙って受け止める、心を休める場でありたいと思っています。
人が人らしく優しい気持ちで過ごせる空間。そんな願いを込めて「なみへい」としました。

※画像をクリックで拡大します


staff only

会社概要

社名  ニュープラネット合同会社

資本金 1540万円
設立年月日 2007年11月13日
所在地
 〒103-0021
 東京都中央区日本橋本石町4-2-6 神田GMビル1F
 TEL.03-6666-5963 FAX.03-6666-5964
代表社員  川野 真理子
​事業内容
 ・地域活性化事業
 ・飲食店経営
  全国うまいもの交流サロン なみへい(2008年7月オープン)
  ニッポンの郷土の食と地酒の店 fune フネ(2014年5月オープン)

 



沿革

1998年
  起業家ネットワーク「キープラネット」設立

2002年
  キープラネットNPO法人化
  NPO法人キープラネットについて詳細はこちら

2007年
  10年間に500回以上の勉強会・交流会を開催し、
  キープラネットとしての活動終了

2007年11月
  キープラネットの会員&支援者23人から1540万円の
  出資金を集め、ニュープラネット合同会社設立

 

staff only